不動産投資コンサルで未来を見据える|低リスクで投資活動

男の人

コストダウンのための戦略

家

投資回収を試算する

企業で不動産を賃貸している場合のメリットは、固定資産とならないため税金対策の問題の解決、そして場所を簡単に変更できる点にあります。この場所を簡単に変更できることをリロケーションと言いますが、リロケーションをする際には注意点がいくつかあります。企業の移転には移転費用が掛かります。物理的な引っ越し作業に加えて名刺やあいさつ状などの印刷物、そし手広告などの住所の提示変更などを含めるとそれなりの費用を準備しておかなければなりません。家賃の差にもよりますが、その費用をどのくらいの期間で回収できるのかを事前に計算しておかなければならないのです。以前の場所と新しい場所の家賃差があまりないのであれば、投資回収までに時間のかかる可能性もでてくるので、きちんと下調べをしておくのが大切です。

コストメリットが大事

リロケーションは他にも活用されています。全国に複数の拠点を持つ場合、現地スタッフの採用を行いプロジェクトを行ったりしますが、賃金の高いエリアから賃金の低いエリアにリロケーションすることで賃金コストや家賃コストを下げることができるメリットもあります。売上に変動はないため、コストダウンとなり利益増につながります。この場合移転と異なり費用も最小限にとどめることができますが、賃金の低いエリアに人は少ない傾向にあり、人が集まりにくいことがあります。そのことを念頭に置いて、規模感や期間などを考慮して試算することが大事です。試算が不十分だと、人が集まらないことによる売り上げ減少を招く危険性もあります。きちんと試算を行なった上でのリロケーションによって、企業の利益をアップさせることに繋がることでしょう。

Copyright© 2015 不動産投資コンサルで未来を見据える|低リスクで投資活動All Rights Reserved.