不動産投資コンサルで未来を見据える|低リスクで投資活動

男の人

安定的な賃貸経営を目指す

お金

独特な不動産経営方式

企業が社員寮などを設置する際によく用いられる運営方式として、一括借り上げというものがあります。これは、手ごろな土地を見つけたらそのオーナーに建物を建ててもらい、企業側はそれを借り受けて寮などに利用するというものです。企業にとっては不動産取得のための費用を負担することなく施設を使用することができ、またオーナー側は物件を提供するだけであとの管理は任せっぱなしで家賃収入が得られるという、双方にメリットのある手法です。この一括借り上げ方式ですが、実は賃貸住宅の経営においても採用されています。その場合、オーナーが企業等(この場合は不動産管理会社)に物件を貸すところまでは同じですが、借り受けた側はそれを入居希望者に転貸することで収益を上げるシステムになっています。

運営はプロに一任

一括借り上げ方式による賃貸経営は、経験の乏しいオーナーや兼業オーナーなどにとって特にメリットの大きい方式です。なぜなら社員寮の例と同様にいったん管理会社に物件を貸せば、以後の管理業務はすべて一任することができるからです。そして月々得られる収入は入居者の有無あるいは多寡にかかわらず一定なので、空き室発生による収益の悪化を心配する必要もありません。とはいえ、この経営方式にも注意すべき点はあります。それは空き室が増加してもオーナーへの支払いが一定であれば、管理会社の収益が悪化してしまうという点です。そのため一括借り上げ契約を結んだ後も、家賃の見直しや住宅設備の更新といった通常の賃貸経営と同様の業務はやはり欠かせません。つまり収益安定化には大いに役立つが、それなりの経営感覚は必要だということになります。

Copyright© 2015 不動産投資コンサルで未来を見据える|低リスクで投資活動All Rights Reserved.