不動産投資コンサルで未来を見据える|低リスクで投資活動

男の人

金利が安い今がチャンス

集合住宅

安く抑えるために

不動産経営を行う際にローンを組むことが多いのですが、ローンに負担になるのが金利です。今や金利は低金利時代です。アベノミクスによる大胆な金融緩和の影響で長期金利は史上最低水準まで低下しています。一戸建てやアパートやマンションの購入が増加していることもこの影響が大きく関わっています。しかし今後物価上昇に伴い、長期金利が上昇する可能性もあります。そのため、金利が安い今だからこそ新規物件を購入するチャンスになっているのです。金利を固定性にするなど工夫することで物件への金利負担を減らすことができます。金利など政治事情は個人で左右することはできません。投資はタイミングであるといわれますが、不動産経営は今が買いなのです。

表面利回りは今後低下する

不動産経営は金利の影響で人気が出てきています。投資家としては、2012年以降不動産投資信託の価格が大きく上がったことも後押ししています。不動産投資信託は2015年までに70%も上昇しています。不動産経営を行う上で、重要な指標は表面利回りです。物件の購入金額が高くなったり、家賃収入が低くなればこの表面利回りは小さくなります。現在不動産投資の人気が上昇してうこともあり物件の価格は高くなりつつあります。このまま上昇を続け物件が高くなった段階で購入しても不動産投資のメリットは少なくなります。不動産は管理費や維持費などの必要経費も支出されます。そのため表面利回りよりも大きい利益を確保しておかなければなりません。

Copyright© 2015 不動産投資コンサルで未来を見据える|低リスクで投資活動All Rights Reserved.